一人ひとりの体質を分析して体に必要な栄養素や食についてカウンセリングします

〜栄養カウンセリング〜

食が体を作ります『選食』

 

こんにちは!米国登録栄養士の宮下麻子です。

クライアントさんの食生活改善に携わって20年以上経ちました。楽しんで食事をすることが一番大事だと思っていますが、体調が優れない場合は食事の見直しが大事です。私たちの健康を維持、改善する食べ物の力を体で感じてください。人生が変わったというフィードバックも頂きます。

私の栄養コンサルテーションは、医学的栄養療法をベースに一人ひとりに必要な食と栄養素を分析して治療を進めていくパーソナライズな栄養コンサルテーションです。毎日の生活に大切な「食」を見直してみませんか。

常に体調がすぐれない、又は健康診断の結果に異常がある等、体がサインを出しているのに生活習慣を見直さない方が多く、ひどい状態になってから治療を受けられるのを見ていて、普段から食生活に少しでも意識を向けて頂きたいと思い栄養カウンセリングを行っています。健康を維持するには、食生活、適度な運動、睡眠、ストレスマネージメントなどが大切です。ストレスマネージメントにも何を食べるかがとても重要になります。

ケース① 便通のために毎日1時間トイレに籠もる生活を30年間続けていた60代の女性。1回目のコンサルテーションから1週間も経たずに毎日トイレに籠らなくてもすっきり出るようになった。治療法→日々の食事に足りない栄養素や食べる時間等を分析してアドバイス。とても高かった血糖値も最初は薬を使いましたが、2年後には薬をやめて生活されています。

栄養コンサルテーションでは、皆さんの食生活に加えて、現在の身体の状態、生活習慣、生活環境などを細かくお尋ねします。それをベースに身体に必要な食物・栄養素は何かを分析し、適切な治療を行います。ご自分に合った食生活を知ることで

真の健康体を取り戻しましょう。

『真の健康体とは:内臓機能が良い、ホルモンバランスが調っている、腸内環境が良い状態=頭の働きが良くなる等』

<主な治療内容>

・糖尿病、妊娠糖尿病

・甲状腺疾患&その他ホルモン異常

・摂食障害、メンタルヘルス

・消化器系 (胃腸炎、大腸炎、逆流性食道炎、便秘、下痢、胸焼け、お腹の膨張感等)

・慢性疲労(頭痛、微熱、消化不良、不眠、過眠、関節炎等)、副腎皮質疲労

・婦人科系疾患

・妊娠を考えている方、不妊治療中の食生活改善

・その他:貧血、尿酸値異常、血圧異常(高血圧、低血圧)、体重コントロール、体質改善

*他の症状疾患についてもお問い合わせ下さい。

<セッション時間と料金:現在オンラインセッションのみ>

初回もフォローアップも1時間のセッションとなります。

お支払い方法:

・保険:AetnaとCignaのネットワークに入っておりますが、現在セルフクレームをお願いしております。プレステージインターナショナル、Aetna Internationalは治療によって保険請求が可能です。

・支払い方法:Paypal、銀行振り込み、Venmo、小切手でのお支払いが可能です。銀行振り込み、Venmo,小切手でのお支払いは、アメリカ国内のみとなります。

お問い合わせ:Email: info@asakonutritionsalon.com

Screen Shot 2020-05-11 at 3.57.58 PM.png